読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

コンパクトなソーラー充電器は防災グッズに追加すべき!!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20160522150554j:plain

地震や台風などの自然災害で停電した場合は、電気が使えない生活は不便ですよね。特にスマホの充電は情報の収集や連絡手段として必須です。

数年前から、ソーラー充電器というものが市場に出てきました。最近のソーラー充電器はで防水・防塵、さらには耐衝撃性もある上にコンパクト!

私も買おうと思います。

 

コンパクトで大容量!

f:id:FULOG:20160522144040j:plain

大きさがiPhone 6sと変わらずコンパクトで、ソーラー搭載しているのに容量は15000mAhと大容量です。どれほどの容量かというと、以前紹介した「Anker PowerCore+ 10050 」の10050mAhよりも多いんです!

バイルバッテリーよりも容量が多いので、万が一の時にも備えられます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

もちろん防水・防塵・耐衝撃性

f:id:FULOG:20160522150554j:plain

もう当たり前のように防水・防塵・耐衝撃性の機能があります。旅行で海外に行った時や、アウトドアでキャンプや海に行った時、さらに災害時にも使えそうですね。

災害時には電気が重要ですし、あらゆる状況で使えるのは嬉しいですよね。

 

ソーラーの 充電はそこそこ

 コンパクトで小さいので充電速度はそこそこです。そこまで期待しないほうが良いかもしれません。

本当にピンチなときに使えそうです。そもそも、容量が15000mAhもあるので常に充電しておけば非常時でもそんなに充電で困ることはなさそうです。

 

 

 

合わせてモバイルバッテリーも

東日本大震災以降、非常時の備えは3日間から7日間になりました。3日というのが、日常的に浸透していましたが、東日本大震災を機会に大きく延長されました。

 

そうなると、ソーラ充電器だけでは絶対に足りません。ソーラーで充電できるとしても、晴れなければ充電出来ません。そのために、モバイルバッテリーがあれば安心ですよね。

以前紹介した「Anker PowerCore+ 10050 」もオススメですが、他の大容量なモバイルバッテリーもオススメですよ。

 

 

値段が安い!

少し前だとソーラー充電器と言うのは¥5,000ぐらいするものでしたが、今は¥1,500の製品もありかなり手に入れやすくなっています。アウトドアにも使えますし、何より身の安全のために必要ですよ。これは一秒でも早く買っておいたほうが良いですよ。