読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

評判がいい「武者修行プログラム」は海外インターンにおすすめ!

就活
スポンサーリンク

f:id:FULOG:20161116111222j:plain

インターンと言っても、国内のインターンではあまり魅力がありませんよね。そこで海外のインターンをする人が増えていますが、大学が行っていなかったり、自分が行きたいインターンがない場合があります。そこで最近では「武者修行プログラム 」というプログラムを利用して海外インターンをする学生が非常に多いです。私の周りでも数人このインターンを利用しています。

 

武者修行プログラムとは

ベトナムの世界遺産都市ホイアンに実際にある店舗を使用し、『自分で考えた企画を自分で実施する』。そんな超実践的プログラムです。2週間という短期間で、海外で活躍する能力や、ビジネスの基礎知識、新興国の経験など、ここでしか得られない経験をすることができます。  

大学が行っているインターンのように、現地に行って工場を見たり、話を聞いてくるといったインターンとは大きく違います。 

スポンサーリンク

 

向いている人は?

海外インターンに行ったほうが良いという人は大きく分けて3つにタイプに分けることが出来ます。

 

 

将来海外で働きたい!

f:id:FULOG:20161116111321j:plain

将来は海外で働きたいと思っている方にオススメです。というのも、日本と海外では習慣をはじめ、全てが違います。日本では当たり前と思っていたことが、海外では通じません。そうした土地の人々とビジネスと行うことを学生のうちに経験出来ることはすごく大きいです。

武者修行プログラム 」では実際に英語でアンケートを取ったり、プレゼンをするので英語力を試すいい機会にもなります。

 

 

起業家やプロのビジネスパーソンになりたい!

f:id:FULOG:20161116111357j:plain

独立起業して経営者になりたい、コンサルや企業の中心で働きたい、そういう人にオススメです。ビジネスの基本から応用まで、プロの元でビジネスを学び日本で再び学ぶことが出来ます。自分の力を試すにはオススメです。

 

 

自分を変えたい!

f:id:FULOG:20161116111405j:plain

このプログラムでは1つの目標に向かって、様々な問題を解決していきます。そういうことを繰り返していく中で、成長し自信がついていきます。

「自分を変えたい」「自信がほしい」という方は一度説明会だけでも参加してみることをオススメします。

 

 

 

研修内容

大きく分けると3つに分けられます。

 

  1. 事前研修
  2. 現地での活動
  3. 事後調査

 

1.事前研修

東京、大阪で事前研修を受けます。まずは、マーケティングなどビジネスの基本を学びます。その後、3〜4名のグループに分かれて企画を作ります。作り方も研修で教えてもらいますが、最終的に立案するものは学生が作ったオリジナルの企画になります。

 

 

2.現地での活動

現地ではそれぞれが企画したものを形にしていくための活動をしていきます。現地の人々にアンケートを取ったり、ファシリテーターの指導を受けながら活動していきます。個人の課題に関してもコーチングをしてくれるので、現地で万が一知識不足でも安心です。

 

 

3.事後研修

日本へ帰国後、現地で学んだことをまとめ、課題や成果を振り返ります。ベトナムに行って終わりではなく、日本に持ち帰ってしっかりと考え直します。

 

 

 

サポートしてくれる『ファシリテーター』がすごい!

先程すこし出てきましたが、「武者修行プログラム 」には『ファシリテーター』という実際に活躍している人材育成のプロが指導してくれます。

『ファシリテーター』の動画も作られています。なかなか、クオリティーが高くていい動画です。

「すべては学生のために」という合言葉で、実際に活躍する経営者やコンサルタントが学生のためにサポートしてくれます。

 

 

 

英語は大丈夫、、、?

f:id:FULOG:20161116112534j:plain

海外インターンで一番気になるのは英語力。英語を話せることに越したことはないですが、参加者の全員が話せるわけではありません。ほとんど分からないという学生もいますし、すごく話せる人もいます。参加資格にTOEICやTOEFLのスコアは必要ありません。

 

英語力は必須ではないので、それほど気にすることではありません。現地では日本語が話せるサポーターと一緒に行動しますし、もし英語に自信があるのなら、英語で現地の人と積極的にコミュニケーションをすればいい経験になるはずです。

 

 

 

治安は、、、?

f:id:FULOG:20161116112440j:plain

海外で気になるのは治安。最近はテロなど物騒なので気になるところです。

ベトナムは凶悪犯罪はほとんど無く、治安は良い方です。このプログラムの研修場所のホイアンは世界遺産都市に指定されているため、バイクが多いベトナムの中でもバイクの通行規制がされている地域です。 現地に精通したサポートコーディネーターも付きますし、安心して参加できます。 

 

 

 

ビジネス以外の経験も

f:id:FULOG:20161116114105j:plain

毎日が自分の企画に取り組むだけでなく、企画以外にもベトナム学生との交流やゾート地で有名なマリンアクアアクティビティに参加したりと観光することもできます。 毎日企画ばかりではなくOFFの日も設定されています。今までの参加者の人も、『ビジネスを本気でこなし』『遊ぶときは本気で遊ぶ』といった人が多いそうです。

やはり学生です。遊ぶ時は思いっきり遊びたいですよね!!

夜には、すごく綺麗なランタン祭りを見ることが出来るかもしれません。  

 

 

 

参加者の体験談

実際に参加した人の体験談が公式サイトにたくさん掲載されています。参加者の声をいくつかピックアップします。

就活前に参加できてよかったと思う3つのポイント

一つ目は、視野が広がったことです。ビジネスやマーケティングは、今まで関わりがなかった分野でしたが、実際それをしてみたことで、もっとやってみたいと思いました。そして、今まで興味がなかった業界にも興味が出てきました。二つ目は自分の人生のゴールが定まったことです。ベトナム滞在期間中のワークやファシリテーターの方々との面談で、今まで漠然としていた自分のゴールが定まりました。これにより、手当たり次第に就活に手を出すのではなく、なりたい自分になれる会社や企業探しに、焦点を絞れるようになりました。そして三つ目は、情報量です。地方学生はとにかく情報が少ないのですが、武者修行には、武者修行修了者のコミュニティである、MAPというものが存在します。ここでは同じ目標に向かって努力を続ける仲間が、毎日有意義な情報を共有してくれます。また、そのMAPの中でもコミュニティを作っており、例えば私は地方MAPという、地方の学生同士がどのように地方を活気づけるかを話し合うコミュニティに所属しています。そこでも情報交換をしたりと、使い方次第でたくさんの情報を手に入れることができます。私はこれにとても感謝しています。

参加者の声(松田美波さん)  

 

人の目ばかり気にする人生は、虚しい

ここまで読んで頂いているみなさんは、もしかしたら「自分に自信を持てるようになりたい」とか「参加したいけど周りからどう思われるかわからないから怖い」という考えを持っている方がいるかもしれません。私自身もそうでした。

しかし、なりたい自分を想像しているだけでは、自己啓発本を読み漁るだけでは、自分を変えることは一生できません。

実際に行動を起こしてみないと何も変わらないのです。

このプログラムでは、もしかしたら今まで経験したことのないような挫折や人間関係における葛藤を味わうかもしれません。

しかし、それらに本気で向き合い乗り越えてこそ、自分に本物の自信をつけることができるのです。

そろそろ人の目を気にした選択ばかりしてしまう自分を卒業し、自信を持って自分で決める自分らしい人生を創る一歩を踏み出しませんか?

参加者の声(高島晃史さん)  

 

武者修行プログラムを終えて

例えると学校を卒業したような感覚です。当然ずっと笑っていたわけではなく、せっかくの観光の日にものもらいが直撃したり、寝不足になったりひったくり現場を目撃したり。大げさに言うと、それら全部を超えて帰国しました。そんなことも含めてこの2週間を一言でまとめると「楽しかった」です。この意味の“楽しい”空間はいろんなところに転がっていると思いますが、武者修行プログラムは確実にその1つになると思います。ちなみにこの“楽しい”に近い意味で僕は“ロック”という言葉を使っています。捉え方次第で普段の生活の中にもロックなことはいっぱいあると思うんですが、意識しないと見失いがちだとも思います。みなさんは最近ロックな経験をしていますか?

参加者の声(羽立奎太さん)  

 

ここで紹介した人たち以外にも多くの参加者が体験談を公開しています。

こちら→参加者の声

 

 

 

まずは説明会へ

費用などは公開されていませんが、大学の海外インターンよりも割安という口コミをみました。ここで紹介した以上の情報は説明会でしか確認出来ません。

説明会は東京や福島、個別説明会は全国各地で行われています。直接会場へ行けなくても、LINEやSkypeのオンラインでの説明会も行っているので遠方に住んでいる人も気軽に参加出来ます。

気になった人はまず、アクションの第一歩として説明会へ参加しましょう!

 

 

説明会申込みはこちら→大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラム