【Power Automate】日付の表示形式の備忘録

【Power Automate】日付の表示形式の備忘録Power Automate

Power Automateで日付の表示形式を扱う時の備忘録をまとめました。

Power Automateの日付表示形式はISO8601形式

日時には全世界で決められたISO 8601とく国際規格が決められており、当然Microsoftでも同じ規格が採用されています。

ここで少しだけISO8601について解説します。

例えば「2022年7月18日19時15分10秒」は

「2022-07-18T19:15:10Z(拡張形式)」

もしくは

「20220718T191510Z(基本形式)」

と表記されます。

日付と時間の区切りは「T」で区切り、タイムゾーンは末尾に記載することで表記します。協定世界時(UTC)であれば末尾に「Z」を付けます。

協定世界時(UTC)以外のタイムゾーンは「+」や「-」で区切って続けます。例えば「20220718T101510+09:00」のような表記となります。

秒以下は「.」を付け「20220718T191510.1234Z」のように表記します。

Power Automateで取得する時間は協定世界時の拡張形式で取得されます。

タイムゾーン時刻表記例
協定世界時(UTC・基本形式)20220718T101510.1234Z
日本標準時(JST・基本形式)20220718T191510.1234+09:00
Power Automate
協定世界時(UTC・拡張形式)
2022-07-18T10:15:10.1234Z
Power Automate
日本標準時(JST・拡張形式)
2022-07-18T19:15:10.1234Z

※Power Automateでは、日本標準時に変換しても協定世界時(UTC)を示す”Z”が付きます。

UTCは「Universal Time Corordinated」の略で、協定世界時(イギリスの標準時間)のこと。
JSTは「Japanese Standard Time」の略で日本の標準時のこと。

Power Automateで扱える表示形式

Power Automateで扱える日時書式のサンプルです。入力は「2022-07-18T18:15:10.1234Z」と仮定して下の表に記載します。

こちらのドキュメントにも記載がありますが、Power Automateで動かすとエラーが出たりするので、実際の挙動もまとめました。

表示形式出力(タイムゾーンの変換)出力(関数)内容
y2
July 2022(単体利用時)
※単体ではうまく認識されません。「y/MM/dd」などで使う必要があります。
21桁の年。
yy2222下2桁
yyy202220224桁の年表示
yyyy202220224桁の年表示
yyyyy02022020225桁の年表示
M7
July 18(単体利用時)
※単体ではうまく認識されません。「yyyy/M/dd」などで使う必要があります。
7
July 18(単体利用時)※単体ではうまく認識されません。「yyyy/M/dd」などで使う必要があります。
月 (1 ~ 12)
MM0707月の2桁数字表示
MMMJulJul月の略称
MMMMJulyJuly月の完全表示
d18
7/18/2022(単体利用時)
※単体ではうまく認識されません。「yyyy/MM/d」などで使う必要があります。
18
07/18/2022(単体利用時)
※単体ではうまく認識されません。「yyyy/MM/d」などで使う必要があります。
月の日にち (1 ~ 31)
dd1818月の日にち (01 ~ 31)
dddMonMon曜日の省略名。
ddddMondayMonday曜日の完全名。
h6
※単体ではエラーになります。「h:mm:ss」などで使う必要があります。
6
※単体ではエラーになります。「h:mm:ss」などで使う必要があります。
12 時間形式の時間 (1 ~ 12)
hh060624 時間形式の時間 (01 ~ 12)。
※単体で使用可能。
H18
※単体ではエラーになります。「H:mm:ss」などで使う必要があります。
18
※単体ではエラーになります。「H:mm:ss」などで使う必要があります。
24 時間形式の時間 (0 ~ 23)
m15
July 18(単体利用時)
※単体ではうまく認識されません。「h:m:ss」などで使う必要があります。
15
July 18(単体利用時)
※単体ではうまく認識されません。「h:m:ss」などで使う必要があります。
分 (0 ~ 59)
mm1515分 (00 ~ 59)
ss1010秒 (00 ~ 59)
t(タイムゾーンの変換)p
18:15 p(単体利用時)
A/p
※単体ではうまく認識されません。「h:m:ss t」などで使う必要があります。
t(関数)18:15時:分
ttPMPMAM/PM
ggA.DA.D.時期または時代 (年号)
※関数はA.Dの後に「.」が付きます。
KZ
※単体ではうまく認識されません。「hh:mm:ss K」などで使う必要があります。
UTCの時のみZと出力されます。
Z
※単体ではうまく認識されません。「hh:mm:ss K」などで使う必要があります。
UTCの時のみZと出力されます。
タイム ゾーン情報。

Power Automateで日付の表記を変える方法

Power Automateで時刻を取得すると、「2022-07-18T10:15:10.1234Z」といった形式で取得されます。実際には日付だけの表記や時間だけの表記など、表示形式を変えて使いたい場面が多くあります。

Power Automateでは、大きく2つの方法で表示形式の変換方法があります。

「タイムゾーンの変換」を使う方法

まず1つ目は「タイムゾーンの変換」を使う方法です。

「基準時間」には変換したい時刻を入れ、変換元の時刻には「(UTC)協定世界時」を入れ、変換先を変換したいタイムゾーンを選びます。今回は日本の「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」を選びました。

書式設定文字列は選択肢にあるものでもいいですが、カスタム項目で作成すると上で紹介した書式設定が利用できます。

例えば「yyyy/MM/dd H:mm:ss」と入力すれば、よく見る「2022/07/18 20:30:02」といった形式で出力ができます。

「関数」を使う方法

Power Automateでは関数が使えます。”addDays”や”utcNow”などの日付の関数には、日付の表示形式を指定することができます。

例えば”addDays”ならこう。

addDays('<timestamp>', <days>, '<format>')

‘<format>’の部分で、表示形式を指定することで、日付の表示形式を自由に設定することができます。

区切り文字はなんでもいい

日付を表示する際、”/”や”:”などで区切ったりすることができますが、特に制限はなさそうです。

yyyyあああMM=**dd

こんなデタラメな区切り文字でもちゃんと日時は反映されます。

2022あああ07=**18

表示形式のサンプル

日付を表示する形式を毎回調べたりするち面倒なので、よく使いそうなものを書いておきます。

表示形式入力
年月日 時分秒yyyy/MM/dd H:mm:ss
年月日yyyy/MM/dd
時分H:mm
曜日dddd

参考記事

ISO 8601の定義が記載されているページです。

日付と時間の国際規格について解説されている記事です。

Power Automateの関数のドキュメントです。

カスタム日時形式のドキュメントです。

Power Automateプログラミング
ふーログをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ふーログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました