ふーログ

大学生ブロガーが、ガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

2018年iPhone、画面上部の切り抜きが小型化、外カメラにもTrueDepthカメラが搭載!?

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20180214133543j:plain

先日、Androidでも画面上部に切り抜き(ノッチ)が採用されるという記事を書きましたが、ここで「2018年のiPhoneはノッチ部分がかなり小さくなる」という情報が入ってきました。同時に、「外カメラにも3Dセンサーを搭載したTrueDepthカメラを採用する」という予想も報じられました。

 

 

ノッチ部分が小型化、さらに大画面に

iPhone Ⅹで採用されたTrueDepthカメラですが、2018年のiPhoneは小型化されさらに大画面になるようです。iPhone Ⅹの後継機に加え、登場すると予想されている3つのモデル全てに共通すると予想されています。

 

あくまで予想ですが、小型化をすればまたアプリなどの開発が一斉に新iPhoneに合わせたバージョンを作らないといけないですね。

 

 

外カメラにもTrueDepthカメラ搭載?

外カメラにTrueDepthカメラを搭載は2019年と予想されていましたが、2018年に全くないというわけでもないようです。

 

ユーザーとしても、ただの小型化より、小型化+外TrueDepthカメラの方がインパクト大きいですしね。

 

ただ、iPhone Ⅹの発売が遅れたのはTrueDepthカメラの為だとも言われていたので、そういうことがないようにしてもらいたいですね。

 

(Source: Mac Rumors

- 人気記事だよ! -