ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

モスバーガーを利用するとき知っていると便利な知識

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20160826161341j:plain

どうもふー(@fulogabc)です。

私は以前、モスバーガーで働いていました。そこでは、大半のお客さんが勘違いしていることや、知らないことがあるんですよね。

モスバーガーを普段利用する人にも、あまり利用しない人にも知ってほしいことをまとめました。

 

時間がかかる

モスバーガーマクドナルドと違って、商品を提供するまでに時間がかかります。

ハンバーガー=ファーストフード

という考えの方が多いと思いますが、モスバーガーは違います。

 

モスバーガーでは作り置きを全くしないので、基本的には注文を受けてから作り始めます。多くのお客さんにはご理解を頂いているのですが、たまに注文から3分ぐらいで「まだできないの?」と聞かれるお客さんもいます。

特にロースカツバーガーやエビカツバーガーなどは、カツを揚げるだけで5分ぐらいはかかってしまうので、どうしても時間がかかってしまうんですよ。

モスバーガーも出来るだけお客さんを待たせないように混雑時は注文を予想して、カツを揚げたり、パティを焼いておいたりします。そのカツやパティのホールディングタイムが厳格に決められているので、長時間放置された食材を使うことはありません。

 

 

 

おもちゃは買える

モスバーガーには「モスワイワイセット」というお子様向けのセットメニューがあり、おもちゃが一つ貰えます。家族連れが来店されて、「ワイワイセットは食べないけど、おもちゃがほしい」という場合があります。そうするとお母さんが「ワイワイセットじゃないとダメなのよ?」などといいますが、実は『おもちゃも買えます』。これはほとんどの人が知らないことじゃないですかね。金額は150円で、好きなおもちゃを買うことが出来るんです。

 

 

 

ピクルスは入っていない

よくマクドナルドと勘違いされて、「ピクルス抜いてください」と言うお客さんがいますが、モスバーガーの全てのバーガーにはピクルスは使われていない』んですよね。結構多くの人がハンバーガーにはピクルスが入っていると思っているので、これは知ってもらいたいです。

 

モスバーガーではピクルスの代わりにハラペーニョという青唐辛子が使われています。これは辛いバーガーに使われていて、チーズバーガーなどには入っていません。

そもそも、マクドナルドのピクルスは「きゅうりの漬物」ってことを知っていましたか? ピクルス (pickles) は「漬物」という意味です。マクドナルドでは「きゅうりの漬物のスライスしたもの」を挟んでいるんですね。

モスバーガーでは使われていないので注意してください。

 

 

 

やけどに注意して!

モスバーガーでは、できたてホヤホヤを提供しています。ですから、ポテトなどは揚げ物は揚げたて、パティは焼きたてです。かなり熱いのでやけどにはくれぐれも注意してください。

特に、「モスバーガー」や「スパイシーモスバーガー」などに使われる「ミートソース」には注意が必要です。これがかなり熱いですよ。

私も調理の時これで何度やけどをしたことか、、、。

だいたい85度ぐらあるので、お子さんが食べるには注意が必要です。

 

 

 

スプーンを使って!

 先ほどの話と繫がりますが、バーガーに使われているミートソースは普通に食べると絶対に残ります。

 

 ミートソースって結構美味しいんですよ。

それを残すなんてもったいない!!

 

もし、ミートソースを使っているバーガーを注文したらお会計の時にスプーンをもらうようにしてください。スプーンがあれば残ったミートソースもキレイに食べることが出来ます。

特に子供はミートソースが好きですからね。

残さず食べましょう。

 

 

 

意外とカロリーが高いフィッシュバーガー

モスバーガーで意外とカロリーが高いのは「フィッシュバーガー」です。

揚げ物+チーズ+マヨネーズ」と、カロリーが高い食材が一番多く使われています。一番野菜が使われていないバーガーでもあり、カロリーが非常に高いです。

 

たまに、女子高生が「私ダイエットしてるからお肉じゃなくて魚食べる〜」ってフィッシュバーガー注文しますが、「それ意外とカロリー高いんですよ。逆に、モスバーガーとかの方が低いですがどうしますか?」と案内します。

ちなみに、一番カロリーが高いのは

  1. とびきりハンバーグサンドチーズ(422kcal)
  2. モスチーズバーガー(407kcal)
  3. ロースカツバーガー(403kcal
  4. エビカツバーガー(388kcal
  5. フィッシュバーガー(387kcal

 

逆にカロリーが低いのは

  1. ハンバーガー(300kcal)
  2.  てりやきチキンバーガー(300kcal)
  3. モス野菜バーガー(342kcal)
  4. モスバーガー(354kcal)
  5. テリヤキバーガー(365kcal)

いずれも、菜摘、ソイパティ、ホットドック、ライスバーガーを除外しています。

 カロリーを徹底的に低くしたければ、ソイパティで菜摘の野菜バーガーとかオススメです。

 

 

 

 バーガーは半分にカットできる

全てのバーガーは半分にカットすることが可能です。モスバーガーもロースカツも食べたいけど多いんだよな〜、という時ありますよね。そんな時は、友達と半分ずつ交換することで解決!

注文すると、半分にカットされたバーガーが出されるのでそれを友達と交換して解決!

 

 

 

ネット注文で待ち時間ゼロ!

モスバーガーでは「ネット注文」をすることが出来ます。

残念ながら、持ち帰りしか出来ませんがそれでも待ち時間ゼロになるというのは嬉しいことですよね。

モスバーガーのネット注文のサイト(モスのネット注文)から簡単に注文することが出来ます。住んでいる場所や店舗によっては配達もしているので、家から出ずにモスバーガーを食べることが出来ます。

netorder.mos.co.jp

 

まとめ

何だか、ダーッと一気に書いいたらこんなに長くなってしまいました。

モスバーガー元店員として、「意外と知らないこと」をまとめてみました。