読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

初めてメガネを買うなら「Zoff 」で決まり!

ライフ ブログ
スポンサーリンク

f:id:FULOG:20161105221410j:plain

始めてのメガネを先日作ってきました

初めてなので、周りに言いお店を聞いたところ「Zoff」が良いと言うことだったので、「Zoff」で作ってきました

思っていた以上に簡単で安く作ることが出来ました

スポンサーリンク

 

私が買ったメガネ

私が実際に買ったメガネはこちら

f:id:FULOG:20161105205021j:plain

ラインナップがすごく多くて、迷って、迷って、迷って、、、これに決めました

シンプルで機能的にも良いやつを買いました

 

横から見るとこんな感じ

f:id:FULOG:20161105205129j:plain

シンプルで良いですよね

鼻あてがシリコンで出来ているので長時間付けても痕が付くことはないですし、汗で下にずれることもありません

 

 

 

実際の作り方

特別に持っていくものは何もありません

そのままお店にいきます

 

 

メガネを選ぶ

まずは、メガネを選びます。初めての方は、店員さんに意見を聞いてみると良いかもしれません

利用目的や頻度によっても、フレームが変わるのでしっかりと合ったものを選びましょう

個人的なイメージがあるのならそれも伝えたほうが良いですね

私は運転のときに使いたいということを伝えて、後はほとんど店員さんにおまかせしました(笑)

 

私が買った「Zoff」のメガネは軽いフレームが多く機能も充実しています。日常的に使いたいなら「Zoff SMART」がオススメです

「軽い「柔軟」「壊れにくい」と人気で、デザインも50種類以上と豊富です

 

このCMのように、「やっちまった」時も「Zoff SMART」なら大丈夫!

 

 

 

視力測定

視力を測定します

お金はかからず無料でした

眼科でも測定が出来るようですが、店舗で無料で出来るので店舗でやるほうが良いと思います

 

検査自体は簡単、普通の視力検査をした後、複数のレンズで試して視力検査をします

レンズで見たとき、レンズによってハッキリ見えたりぼやけたりするので、どのレンズが見えやすいかしっかり見ることが大事です

私は何度も「もう一度お願いします」と言いました

 

よくわからずレンズを作ってしまうと、後々「メガネにしたけど見えないな、、、、」ということになってしまうのでココはしっかり測定してもらうことが重要です

 

 

 

レンズを選ぶ

f:id:FULOG:20161105220920p:plain

Zoff」では標準のレンズ以外にも薄型レンズや、PCレンズなど多くのレンズや追加オプションがあります

 

私は運転のときだけなので、標準レンズでお願いしましたが、日常的に使う人は追加オプションの「スポーハードコート」を付けることおオススメします

f:id:FULOG:20161105220910p:plain

「スーパーハードコート」はレンズに特殊なコーティングを施すことで、レンズの傷を大幅に減らすことが出来るというもの

汚れにも強くなり、キズの保証が1年付いているので安心です

 

 

 

完成!

f:id:FULOG:20161105221953j:plain

レンズを選んだら、実際にフレームにレンズをはめてくれます。作業に少し時間がかかるようで、私の場合は30分ほどでた

想像以上に短かったですね

 

完成したメガネを実際にかけてみて、違和感やレンズなどが合っているかを確認します

 

実際にかけてみると、やっぱり見やすいですね

 

 

 

保証は?

フレームに関しては、購入後1年間の保証があります

レンズに関しては、6ヶ月以内なら無料で度数の交換が可能

使っていて合わなかったら、度数の交換が出来るんです。初めての人には嬉しいですね

 

 

オンラインでも買える!

時間がないという人や、以前メガネを買ったことがあるという人にはオンラインストアがオススメ

Zoff」公式ののメガネ拭きがあり、店舗には無かったディスニーのメガネ拭きなどもオンラインストアで買うことが出来ます

 

↓オンラインストアはこちら↓ 

Zoff(ゾフ)公式通販サイト

 

 

 

まとめ

初めてメガネを作ってみましたが、意外と簡単に自分に合ったメガネを作れました

メガネをかけて少し時間が経ちますが、1週間ぐらいで慣れましたね

「メガネが必要!」と感じた人は是非「Zoff」で!