読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【サルでもわかる】Bitcoin(ビットコイン)とは?【基本を解説】

ビットコイン
スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170122124309p:plain

 Bitcoin(ビットコイン)という仮想通貨が私達の生活の中へ急速に浸透してきています。これからビットコインで支払いをしたりすると言ったことが出てくるかもしれません。それまでに、「ビットコインとは何なのか?」を知っておきたいところ。

そこで今回は「ビットコインの基本」を分かりやすく解説します!

ビットコインは仮想通貨

f:id:FULOG:20170122102158j:plain

ビットコインは仮想通貨です。紙幣や硬貨のように、物体としてあるものではありません。ネットのなかで流通するお金のようなものです。実際に円やドルと交換が出来るものです。お金ではなく、円やドルと交換が出来るので「お金のようなもの」とされています。

 

「お金のようなもの」と言いましたが、ビットコインとは、お金と言うよりは「方法」なんです。

 

例えば、送金する時。

母親から娘にお金を送る時、銀行を使えば手数料がかかったり翌日になったりします。

しかし、ビットコインの場合はデータを送るので、手数料がほとんど発生せず、処理が早いことが特徴です。

f:id:FULOG:20170122102044j:plain

 銀行までわざわざ行く必要もありませんし、データを送るだけなので、相手がパソコンやスマホを持っていればすぐにお金を送ることが出来るという「方法」がビットコインです。特に国境をまたぐ時などに、すごくスムーズに送金が出来るというのが一番の特徴です。

 

 

 

電子マネーとは違う?

f:id:FULOG:20170122104923j:plain

電子マネーは円を電子化することで、財布の中からお金を出したり、お釣りの受け渡しの時間がなくなることでスムーズに買い物が出来ます。電子マネーはサービスや物を買うだけしか出来ず、直接個人と取引をすることが出来ません。

 

 

f:id:FULOG:20170122110926j:plain

電子マネーに対し、ビットコインはインターネット上にお金を持つことで、ビットコイン同士なら海外との取引も手数料などがあまりかからず、国によって価値も変わらない。ある意味、世界共通のお金として使われています。

 

 

 

中央銀行が存在しない

上で「銀行がないから取引が早い」と書きました。ビットコインはどこかで管理する組織がなければ、中央銀行も存在しません。日本円であれば日本銀行ですが、それがビットコインにはないんです。それではどうやってお金の流れや管理をしているのでしょう?

 

f:id:FULOG:20170122120926j:plain

ビットコインの取引の全ては公開されており、誰でも見ることができます。全ての記録が1つの取引台帳に記録されているので、誰が、誰にお金を送ったのかわかるようになります。ビットコインはコンピューターのネットワークを通じ、利用者全員で監視するという仕組みなんです。

実際には暗号化されたデータなので、個人を特定できないようになっています。ただ全員にデータを送り監視することで、不正やデータの改ざんなどを防ぐことが出来るんです。

 

 

 

ビットコインの枚数には限りがある

f:id:FULOG:20170122122834p:plain

ビットコインには限りがあります。分かりやすく例えるのであれば金と同じです。金は地球上にある量が決まっていて、無限ではないので価値が守られています。

一般的なお金は、国が発行して流通をコントロールしています。その場合、国が財政に失敗するとお金の価値が下がったりしますね。しかし、金の価値はそういった時でも大きな変動はしません。金と同じように、ビットコインも2,100万Bitcoinと限られています。なので、ビットコインも金と同じように価値が保証されているのです。

 

 

 

ビットコインで出来ること

f:id:FULOG:20170124162939j:plain

基本的に通常のお金で出来ることは変わりません。買い物をしたり、ホテル代を払ったり、一部では電気料金もビットコインで支払いが出来るようです。個人間、企業間に関係なく使うことが出来ます。日本でも約3,000店舗(平成29年1月14日)が対応していますし、今後さらに拡大していくことでしょう。

 

 

 

儲かる?

f:id:FULOG:20170124163636p:plain

現在、ビットコインを買う人の多くは投機、つまり儲けようとしてビットコインを買っています。ビットコインの価値の変動は激しく、1日で大きく変動します。現在の1BTは約10万円になっています。結構高いと思うかもしれませんが、ビットコインの最小単位は1万分の1で、

0.0001BTC=約10円

これが最小単位になります。

 

表にするとこんな感じです。

1BTC約10万円
0.1BTC 約1万円
0.01BTC 約1000円
0.001BTC 約100円
0.0001BTC 約10円

すごく分からりづらいですが、ビットコインはこういうものです。

 

 

 

デメリット

ビットコインは取引は透明化されていますが、個人の特定は難しくなっています。なので犯罪に使われたり、違法なものを売買する際に使われています。そうした犯罪が増加してきています。

 

また、2014年に日本大手のビットコインのマウントゴックスが倒産したニュースを覚えている人も居ると思います。当時、マウントゴックスでビットコインを取引していた人は全てのビットコインを失いました。マウントゴックスは取引所としてだけでなく、利用者の財布のパスワードまでもを管理していたのですが、それが流出してしまったのです。

 

では取引所が倒産したら危ない?

 

 

そんなことはありません。

例えば、アメリカに海外旅行に行くために円をドルにしたとしましょう。海外旅行から帰ってきた時ドルが少し余ってしまいました。なので、ドルを円に変えようとしたところ、出発前に行った両替所が潰れてしまっていました。

しかし両替所が潰れても円やドルの価値は変わっていませんよね。ビットコインも同じで、世界中にある取引所で取引をすることが出来ます。

 

 

 

メリット

すでにいくつか書いてしまいましたが、メリットを改めてまとめます。

 

個人間で直接取引ができる。

普通ならお金の取引をする場合には銀行などを仲介する必要があります。しかし、ビットコインなら直接個人間で取引が出来るんです。近くにいない人にも直接お金の取引が出来ます。

 

 

手数料が無料

取引の間に銀行などが仲介していないので、手数料がかかりません。インターネット上で取引するため、普通の銀行では3,000円ほどかかるところが、ビットコインでは無料です。

 

 

世界中で使える

ビットコインは世界中で使えるお金です。なので、海外へ行く時や、海外への送金が簡単にできます。

また、海外から日本へ来た方もビットコインがあれば簡単に買い物などをすることが可能になります。お店とかでビットコインが使えればお客さんにも便利なシステムですね。

 

 

 

政府も後押し!

2016年春に政府は、ビットコインを買う際の消費税を撤廃しました。これはモノやサービスではなく、「お金」としてお墨付きを与えるということです。

取引所も政府からの認可が必要になり、より安心して取引が出来るようになっています。

 

 

取引するなら口座が必要

f:id:FULOG:20170122124309p:plain

ビットコインには円のように銀行があるわけではありません。なので自分で口座を作らなければなりません。日本ではがビットフライヤー 圧倒的に利用者数が多く安心して口座を作ることができます。(私もここで作りました)

 

口座を作るのは無料で、メールアドレスだけで開設できます。利用は無料なのでまずは口座を作るところから初めましょう。たった5分程度で登録は終わります。

ビットコインが気になったらまずは口座を作ってみましょう!

↓こちら↓