ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【就活】自己分析はこれで完璧!自己分析のコツとおすすめの分析法を紹介!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170923153833j:plain

 

就活で誰しも苦戦するのが「自己分析」です。多くの就活生がやり方に困っています。そこでこの記事では、「自己分析のコツとおすすめのツール」を紹介します!

 

 

ポイント1「自分自身の価値観」

f:id:FULOG:20170923160209j:plain

自分は「何をしたいのか?」、「何ができるのか?」、「何のためなら頑張れるのか?」といった自分自身の価値観をはっきりさせる必要があります。

 

そうした考えをまとめ、価値観に合った企業を探すことが重要です。新卒の3割は3年以内に転職や退職をすると言われています。こうしたことを防ぐためにも自己分析は大事です。

 

 

ポイント2「インパクト・差別化!」

f:id:FULOG:20170923160229j:plain

自己PRは相手の印象に残らなければなりません。人事担当の方は1年の新卒採用活動で少なくとも10人〜多くて数百人の学生を見ます。

 

他の学生と差別化しなければ、印象に残らず「強み」があっても振り向いてくれません。その強みがどのような行動や経験によって得たものなのかハッキリさせて置かなければなりません。

 

自分の強みが明確になれば、自分がどう成長したのかわかりやすいですし、自己PRのアピールポイントにもなります。

スポンサーリンク


 

ポイント3「本当の心が言えるように!」

f:id:FULOG:20170923160419j:plain

本当の自分をアピールしなければなりません。「心からそう思っていることが大事」です。

 

その場で考えた答えや予期していなかった質問に対し、回答がブレてしまうことがあります。それでは人事の方は「本当にこの企業で働きたいの?」と疑問に思ってしまいます。

 

そうならないために、自分自身のことをちゃんと知っておかなければなりません。

 

 

ポイント4「将来の仕事について」

f:id:FULOG:20170923160359j:plain

自分の価値観や資質を知ることで、「将来はこんな仕事がしたい」という思いも出てきます。将来のキャリアを考えることで、自己PRが具体的になり説得力が増します。

 

人事の方も

 

とりあえず御社に入りたい

 

という学生より、

 

 御社でこんな仕事がしたいんです!

という学生の方が魅力を感じるでしょう。

スポンサーリンク


 

おすすめの自己分析法

まず簡単にできる方法として

  • 自己年表を作成し自分がどんな人か書き出す
  • 先輩や後輩に聞いて、長所・短所を聞く
  • インターンシップのエントリーシートを書いて自分の軸を見つける
  • 就活対策本を読む

などがあります。

 

簡単にできますが、これだけでは浅い自己分析に過ぎず本当の自分の強みを引き出すことができるとは限りません。

 

それに、友達や先輩に聞くのってなんだか照れくさいですよね(笑)

そんな時、一人でできる自己分析が簡単で便利。

 

次は一人で深くまで自己分析できるおすすめのサイトを紹介します!

 

 

Future Finder」で自己分析は完璧

 色々な自己分析ツールがありますが一番おすすめで完璧な自己分析が出来るのは「」というサイトの自己分析ツールです。以前「就活で自分に合った企業を見つけるために必要な3つ方法」という記事でも紹介しましたが、

 

マジですごいです

 

それでは自己分析を初めて見ましょう

 

まずはこちらからサイトへアクセス

 

するとトップページが表示されるので「無料で診断開始」をクリック

f:id:FULOG:20170922171803p:plain

 

名前やメールアドレスと入力します。

f:id:FULOG:20170525191707p:plain

 

 

自己分析をするためには送られてきたメール内のリンクをクリックします。

f:id:FULOG:20170922173028j:plain

 

 

リンクをクリックして開いたページで、簡単に希望勤務地や希望業種などを入力を終えると診断が始まります。

f:id:FULOG:20170922173128p:plain

 

 

そして診断を終えると超細かい診断結果が見れます!

 

 

例えば性格については

f:id:FULOG:20170525192058p:plain

上は私の実際の診断結果ですが、こんな風に診断してくれます。

 「基本的性格」「ビジネス的性格」の2つに分けて診断してくれるので、自己PRやエントリーシートを考える時にすごく参考になります。

 

 

性格以外にも

f:id:FULOG:20170525192904p:plain

私の「ビジネスのセンス」なども「ビシッ!」と診断してくれます。

 

色々な自己分析ツールを試しましたが、性格以外の診断をしてくれるのは「Future Finder」だけでした。

 

マイナビやリクナビの自己分析ツールも便利ですが、それは浅い部分しか分析してくれません。Future Finder」ほど深く、細かく分析してくれるツールはありません。

スポンサーリンク


 

 

まとめ

自己分析をするには早いに越したことはありません。

すぐやる人とやらない人ではスタートダッシュの差が大きく開いてしまいます。先延ばしにしていると、期末試験などで就活にかけられる時間が少なくなります。

 

自己分析で困っている方は今すぐ自己分析を始めましょう!

 

あなたにおすすめの記事