ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【新社会人必読】これ1冊でデキる人になれる!完璧なビジネス書を紹介!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170127124115j:plain

新社会人・新入社員の方は、ビジネス書をあまり読むことが無かったかもしれません。かといって、何冊も読むのは面倒ですよね。そこで、たった1冊でデキる人へとなれるオススメのビジネス書を紹介します!

 

脳科学マーケティング100の心理技術

今回紹介するのは「脳科学マーケティング100の心理技術」という本。著者はロジャー・ドゥーリーという人物です。彼はコンサルト企業の創業者でこれまで、超大企業から小規模まで様々なコンサルティングをしてきました。マーケティングでは超有名な人な人です。

 

脳科学・行動科学をマーケティングに取り入れた第一人者としても有名な方です。

 

 

 

本の構成

「脳科学マーケティング100の心理技術」の構成は以下のようになっています。

Chapter1 価格が脳に与える影響

Chapter2 五感を刺激して売り込む

Chapter3 脳が喜ぶブランディング

Chapter4 紙媒体と脳の相性がいい理由

Chapter5 脳が喜ぶ写真の使い方

Chapter6 顧客の脳の信頼を勝ち取る

Chapter7 脳が喜ぶ接客スキル

Chapter8 脳が喜ぶセールステクニック

Chapter9 脳を刺激するコピーライティング

Chapter10 脳が喜ぶマーケティング

Chapter11 男性脳、女性脳それぞれの攻略法

Chapter12 顧客の脳を買う気にさせる

Chapter13 脳を刺激する映像メディア活用法

Chapter14 脳を刺激するインターネット活用法 

 

このように脳がどのようにしたら喜ぶのか、刺激を受けるのか、分かりやすく段階に分けて説明されています。教科書のように順番に説明されているので、すごく分かりやすかったです。気になるところだけを読んでも、内容が分かります。またタイトルにもある通り、全部で100の心理テクニックが詰め込まれています。

 

この本の一部を紹介しますね。

 

 

切りの良い数字は入れない

次の選択肢を見てください。

  1. 4988円
  2. 5000円
  3. 5012円

この3つの価格には金額的には大きな差はないように見えますよね。しかし、圧倒的に4988円の金額設定の方が反応が大きかったというのです。

 

なぜでしょう?

 

それは、人の脳波「価格が細かいほど商品の品質が良い」を感じるようにできているからです。

 

これは大手ディスカウントストアなどでも使われている手法ですね。よくお店の価格を見ていると、細かい価格に設定されている商品が多いですよね。

 

 

これ以外にも99個のテクニックが収録されています。どのテクニックもビジネスには欠かせないことばかり。ビジネス以外にも日常生活でも役に立つようなテクニックもありました。なるほど、と思うような手法が沢山紹介されています。

 

 

 

Amazonでも好評!

Amazonでの評価は星4.5とかなりの高評価です。マーケティンぐに携わる全ての人へオススメする声が多く、すごく面白い本というレビューが多くありました。私もそういう印象を持ちました。

 

「断りにくい頼み方」「わざと高額な商品を用意して二番手の商品を売り込む」など、非常に参考になりました。

Amazonでも販売されていますが、下のリンクから買えばAmazonより1000安い価格で買うことが出来ます。

 気になた人はチェックしてみてください!