読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【完全版】熱帯夜を涼しく寝る快眠グッズまとめ!

ライフ ブログ
スポンサーリンク

f:id:FULOG:20160810192840j:plain

夏になると困るのが、夜暑くて眠れないことです。

だれしも、この問題に悩んだことがありそれぞれ涼しく寝るために工夫していると思います。そこで私がオススメする快眠グッズを紹介します。

 

アイスノン

これはどの家庭にも1個はあると思います。風邪の時だけでなく、これは熱帯夜にも大活躍します。私は頭ではなく、首裏を冷やすようにして使っています。私には欠かせないアイテムで、涼しく眠ることが出来ます。人間は体温を下げることで眠くなります。そのために後頭部や首を冷やして、体全体を冷やすことが大切です。

スポンサーリンク

 

冷涼シーツ

これも外せません。年中同じシーツを使う人は少ないと思いますが、夏は涼しいシーツに限ります。シーツを変えるだけで、かなり涼しくなります。汗をかいても、朝のうちに洗濯をすれば夜には乾いて、また使うことが出来ます。使い勝手も良い、素晴らしいシーツです。

 

 

 

 アイスノン ジェルマット

シーツの上に敷くマットです。私はシーツだけでは足りず、これも敷きます。体が接している部分から熱を吸収し、寝返りを打った時にその部分から熱を放出してくれます。これがかなり気持ちいいんですよね。常温保管で使えるので、アイスノンみたいに冷凍庫のスペースを圧迫することもありません。

 

 

 

扇風機

コレがなければ、眠ることが出来ません。エアコンの風邪は冷たくてあまり良くないですし、扇風機の首振りで眠るほうが快適です。私はロフトベットなので柵にクリップ式の扇風機を固定して使っています。

 

この扇風機はタイマーがついていないので、つけっぱなしになってしまいます。それでは電気代がもったいないので私は「1回だけ「入・切」タイマーCT12」を使っています。タイマー機能がない扇風機にタイマー機能を持たせる製品でかなり便利です。

 

 

 

すのこやロフトベッドを使う

私はロフトで寝ていますが、ロフトベッドには下の空間があるので下からも熱を放出することが出来ます。通気性が良くマットもカビにくいです。

ロフトベッドを買うのは大変ですが、すのこベッドなら5,000円ぐらいでいいものが買えます。すのこベッドは折り畳めるので、収納スペースには困りません。マットも簡単に干せて、マットがカビることもありません。

 

 

まとめ

エアコンを使う人も多いと思いますが、エアコンの設定は、朝に切れるようにタイマーを設定しておくことをオススメします。寝ている間は快適な温度にしておきましょう。

今回紹介したグッズで熱帯夜を快適に過ごしましょう!