ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【50%OFF以上】小説・文芸 フェアが開催!人気作品も対象だぞ!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170623214423j:plain

キンドルストアで50%OFF以上になる小説・文芸フェアが開催されました。人気作も多く対象になっており、おすすめを紹介します!

 

最後の医者は桜を見上げて君を想う 

 あなたの余命は半年です―ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副医院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!

 

 

 

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル 

仁科鳥子と出逢ったのは〈裏側〉で“あれ”を目にして死にかけていたときだった――その日を境に、くたびれた女子大生・紙越空魚の人生は一変する。「くねくね」や「八尺様」など実話怪談として語られる危険な存在が出現する、この現実と隣合わせで謎だらけの裏世界。研究とお金稼ぎ、そして大切な人を探すため、鳥子と空魚は非日常へと足を踏み入れる――気鋭のエンタメSF作家が贈る、女子ふたり怪異探検サバイバル! 

 異世界が大好きな人は絶対に読むべき作品。ほんわかした冒険ですが、その雰囲気が良い。

 

 

天才たちの日課 

小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督…彼らはどうクリエイティブを保っていたか?161人の天才たちの「意外?」「納得!」な毎日の習慣。  

 毎日の生活の質を高くするためのヒントがたくさん詰められた一冊。

 

 

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え 

成功を夢見て上京した青年、祐介。いい暮らしがしたい。かっこいい車に乗りたい。自分の家が欲しい。誰もが思い描く「理想の人生」を追い求めていたはずだったのだが…故郷を旅立つ息子に父が贈る夢を実現するための五つの新常識と三つの方法。 

 若い内に読んでおくべき1冊です。読んだら自然と「親孝行しよう」と思えます。

 

 

君と会えたから…… 

将来に対する漠とした不安を抱えながらも、自分のやるべきこともやりたいことも見つけられずに何もせず、無気力に過ごしていた平凡な高校生の僕のもとに、ある夏の日、美しい女の子がやってきた。そして、彼女から、その後の僕の人生を変える教えを聞くことになる。いつしか彼女に恋心を募らせていた彼の前に次第に明らかになっていく彼女の秘密とは…… 

誰しも泣ける名作。

一度は読んでみてください。

 

 

僕は何度でも、きみに初めての恋をする。 

 両親の不仲に悩む高1女子のセイは、ある日、カメラを構えた少年ハナに写真を撮られる。優しく不思議な雰囲気のハナに惹かれ、以来セイは毎日のように会いに行くが、実は彼の記憶が1日しかもたないことを知る―。それぞれが抱える痛みや苦しみを分かち合っていくふたり。しかし、逃れられない過酷な現実が待ち受けていて…。優しさに満ち溢れたストーリーに涙が止まらない!

 文章や表現かキレイで、優しさに溢れたストーリーです。

 

 

100円のコーラを1000円で売る方法  

 「省エネルック」が失敗して「クールビズ」が成功した理由とは? 「キシリトールガム」が売れた理由は? などの実例をあげつつ、誰にでも読みやすいストーリー形式でMBAマーケティング理論が学べる一冊!

 発売当時、超話題になったこの本。

まだ読んでない人は読んでおかないと遅れている?

 

 

あん 

町の小さなどら焼き店に働き口を求めてやってきたのは、徳江という名の高齢の女性だった。徳江のつくる「あん」は評判になり、店は繁盛するのだが…。壮絶な人生を経てきた徳江が、未来ある者たちに伝えようとした「生きる意味」とはなにか。深い余韻が残る、現代の名作。 

 名作中の名作。

「苦しい時を乗り越えられる」そう思わせてくれる作品です。

 

 

そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル 

温泉旅館で働く新人・諸星明は、衰退する温泉郷の立て直しに挑戦する。しかし周囲は無関心。過去の成功体験が忘れられない反対派もいる逆風のなか、諸星と数人の仲間で始めた「ディズニーを超える」という挑戦は、「売れない時代」の新しいビジネスモデルを創りあげていく―。長野県阿智村で実際に起きた実話に基づくビジネス物語。 

 新しいものを作り上げることに関してのヒントになる作品です。

 

 

まとめ

期間は6月23日〜7月2日まで、梅雨で家にこもっている間はぜひ読書を!