ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

ふるさと納税で食費を節約!?おすすめなふるさと納税を紹介するぞ!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170623132652j:plain

「ふるさと納税」。

一度は聞いたことがある言葉だと思います。中にはすでに挑戦した人もいると思います。今回は改めて「ふるさと納税のメリットとデメリット」と『食費を節約するふるさと納税』を紹介します!

 

 

ふるさと納税って何?

ふるさと納税とは「好きな自治体へ寄付を行うこと」です。利用する人の多くは寄付することで節税ができ、さらに返礼品がもらえる」ということで利用している人が多いと思います。

 

  • 普通に税金を納める
  • 寄付をして特産品などの返礼品をもらう

この2つであれば、どちらがお得かはわかりますよね。

 

その返礼品には食料品もあり、ふるさと納税サイトでは常に人気な返礼品になっています。

 

さて、ここまで読めばわかりますよね

 

ふるさと納税をして、返礼品として食料品を受け取れば「節税になる」だけでなく「食費の節約」にもなるんです!

 

ということで今回は、食費の節約におすすめなふるさと納税を紹介します!

 

 

お米

f:id:FULOG:20170623133105j:plain

日本人の主食はお米です。これは外せませんよね。

ふるさと納税を使えば上で紹介したように、お得にお米を買うことができます。

 

量が多いお米もありますが、あまり多すぎると食べきれないので家庭や自分で食べ切れる量にしましょう。

 

 

 

 

お肉

f:id:FULOG:20170623133121j:plain

お肉もふるさと納税の中で人気です。

ここで注意しなければならないのは先程と同じく、しっかり食べ切れる量の返礼品を選ぶことです。

 

もし長期間の保管をしたいのなら、加工済みのハンバーグなどがおすすめです。

 

 

 

お酒

f:id:FULOG:20170623133954j:plain

ビールや日本酒が好きな人にはうってつけなふるさと納税があります。

サッポロビールやご当地の日本酒、泡盛など、様々なお酒があります。

お酒好きのかたはぜひチェックを!

 

 

 

 選ぶポイントは?

ふるさと納税を選ぶポイントは「量」です。

できるだけ節約をしたいのなら量が多いものを選ぶほうがお得です。しかし、一人暮らしや夫婦だけの場合などでは、食べきれず食物を痛めてしまいまったり、冷蔵庫に入り切らなかったりすることもあります。

 

ですから、「どれぐらいの量であれば全て食べきれるのか?」をしっかり考えて選ぶことがポイントです。

 

年内に何度でもふるさと納税できる自治体もありますし、こまめにふるさと納税するのも一つの方法です。

 

気になった人は是非チェックしましょう!