ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

アニメ好きが何度も観た!オススメアニメ映画6選!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20160201170844j:plain

たくさんあるアニメ映画の中で「絶対に見ておくべき」おすすめなアニメ映画を6つに絞って紹介します!

 

 

ほのぼの学園物語「映画けいおん!」

私がアニメにはまるきっかけになった映画です。公開は2011年12月でした。TVアニメは第1期が2009年で2期は2011年でした。もう5年も経ちますが、未だに人気なアニメのひとつです。

高校3年生になった平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬の軽音部の卒業旅行の話です。1人残される2年生の中野梓の心情と、卒業していく4人の梓への思いが泣けます。毎年、卒業シーズンには見たくなる映画です。

映画 けいおん! ★★★★★★★★★★8.0

ストーリー6.0 
音楽5.0 
キャラクター8.0 
作画7.0 
レビュー

良作です。テレビシリーズを観ていない方はまずはそちらを視聴してからご覧になってください。間違いなく、その方がこの作品をより楽しめます。既に観ていらっしゃる方は、この映画は必見の内容でしょう。私が語るまでもなく、ストーリー、劇中歌ともに素晴らしい作品です。 天使にふれたよ!は何度聴いても涙腺が緩みますね。 特典も非常に充実しております。特に絵コンテは一見の価値ありです。オススメです。

 

 

懐かしい田舎を「となりのトトロ」

誰もが知っている宮﨑駿監督の人気映画のひとつ。公開は1988年でもうすぐ30年も経ちます。テレビで何度も放映されているので誰もが観たことがあると思います。

 

 キャッチコピーは、「このへんないきものは、まだ日本にいるのです。たぶん。」、「忘れ物を、届けに来ました」の2つです。

今は地方の過疎化が進み「となりのトトロ」のような生活はあまり感じられませんよね。そういった世界を映画を通じて感じられます。私のおばあちゃんの家はまさに「となりのトトロ」に出てきそうな家で、小さい頃ははおばあちゃんの家に行くのが楽しみのひとつでした。

となりのトトロ★★★★★★★★★★6.0

ストーリー7.0 
音楽8.0 
キャラクター5.0 
作画7.0 
レビュー

小さい頃から見ておりますが、まったく飽きず、自分に小さな子供がいたら間違いなく見せていると思います。 病気で入院中のお母さんがいるためさつきちゃんは代わりとなり一生懸命にお父さんや妹のメイちゃんを支え頑張っているが、少しお母さんのことを考えると小学生に戻りあの泣く姿は、こちらまでもらい泣きしそうです。 そして、最後の場面で感動し涙してしまいます。 どんなに自分が歳を重なっていっても永遠の名作でありずっと見ていると思います。

スポンサーリンク


 

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語

 公開は2013年で、上の2つよりは最近の作品です。私はあまり興味は無かったのですが、新編の興行収入が20億ということを知り私も見ました。

予想できない残酷な展開、魔法少女であることの代償など、、、恐ろしい展開に引きこまれます

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語★★★★★★★★★★7.0

ストーリー9.0 
音楽6.0 
キャラクター5.0 
作画6.5 
レビュー

誰かが望んだ理想郷。眩しいくらい幸せ過ぎて不気味な世界。居心地が良いはずなのに何処か不安に駆り立てられる。矛盾、何かがオカシイ。辿り着いたその先にある絶望と希望、そして歪んだ愛情。宇宙規模で撹乱する明と暗で彩られた映像の洪水。気持ちが悪いよ、こんなにも美しい悪夢が観られるだなんて…最高だ!そんな自分が一番キモチワルイ。

 

 

輝きたい!女子高生の仲居物語「花咲くいろは HOME SWEET HOME」

東京育ちの女子高生・主人公松前緒花が石川県の湯乃鷺温泉街にある喜翆荘を経営する祖父母のもとで生活をすることになり、住み込みで学校に行きながら旅館でも仲居の見習いとしてアルバイトをします。緒花の母と緒花の人生が重ね合わされた作品です。

私、、、もっと輝きたいんです」がキャッチコピーです。もっと頑張りたいという人や高校生や大学生にもオススメです。

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME★★★★★★★★★★6.0

ストーリー7.5 
音楽5.0 
キャラクター7.0 
作画8.5 
レビュー

テレビアニメの続編としてではなく、幕間の出来事を描いた本作ですが、時間も66分と短いものですが大変面白かったです。 緒花のお母さんであるサツキにスポットライトを当てて、話が進んでいくんですがその心理描写や表情などの移り変わりがとてもよく描かれています。 自分自身もテレビシリーズを見たときは学生だったのですが、この映画を見たのは社会人になってからでした。 だから何だって思われるかもしれませんが、緒花やサツキが言っていた「私、輝きたい!」という言葉がとても心に響きました。

 

 

生徒と教師の恋物語?「言の葉の庭」

新海誠監督の作品で2013年に公開されました。革職人を目指す男子高校生・秋月孝雄と味覚障害を持つ高校教師の雪野百香里の物語です。

新宿御苑が舞台になっています。舗装路の水たまりや御苑の池に映し出される東京の風景がすばらしいです。

劇場アニメーション『言の葉の庭』★★★★★★★★★★5.0

ストーリー5.5 
音楽7.0 
キャラクター5.0 
作画8.5 
レビュー

事前情報無で観ましたが、自分の中では凄い名作に出会えて感動です。 アニメ史上、ここまで号泣した物はないwティッシュプリーズw 賛否両論当たり前なので、先入観無しの状態で観て下さいな。 人生に行き詰ってる人にお勧め( ノД`)「君の名は。」を軽く凌駕してますw

スポンサーリンク


 

おおかみこどもの雨と雪

ポスト宮崎と言われる、2012年に公開された細田守監督の作品です。私はこれを見て号泣しました。ほんとに感動して、何度も見てしまいます。

お母さんの子育て奮闘、田舎での生活、人間として生きるか狼として生きるかの選択、随所に人間ドラマが散りばめられています。

見る人によってすごく受け取り方が様々な映画だと思います。最後のエンドロールの時に流れる主題歌も反則級に泣けます。

おおかみこどもの雨と雪★★★★★★★★★★7.0

ストーリー9.5 
音楽7.0 
キャラクター6.0 
作画7.0 
レビュー

内容は、子供の成長をどう受けて、答えを導いて、親の役目とは何か、考えてしまった作品でした。 子供の成長とは本当に早く、いつまでも助け合いながら同じ生活空間があるかわかりません。1秒でも長く、そして、早く成長してものです。

 

 

まとめ

ここで紹介したアニメ映画はどれも笑って、泣いて、感動出来る映画です。こうした映画はアマゾンプライムビデオで見ることができます。

 

アマゾンプライムの特典を簡単にまとめると

  1. Prime Music
  2. プライム・ビデオ
  3. プライム・フォト
  4. Amazonパントリー
  5. 会員限定先行セール
  6. お急ぎ便無料
  7. Kindleオーナーライブラリー

が利用できます。

 

アマゾンプライムは年間3,900円、月額325円でこれが利用出来るのはかなりお得。学生ならAmazon Studentがオススメでこちらは年間たった1,900円。月額にすると159円。

、気になった人は是非チェックしてみてください!

 

↓Amazonプライムはこちら↓

 

 

関連記事