ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

Amazonギフト券Eメールタイプのメールアドレスを間違えた時の対処法

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170921165720j:plain

簡単に誰にでも送ることが出来るAmazonギフト券。その中でもEメールタイプと言う、メールアドレス宛にギフト券を送ることができます。

そのメールアドレスを間違ってしまった時の対処法をご紹介します。

 

この記事で説明するのは、「メールアドレスを間違い誰にも届かなかった場合」です。

送る相手のメールアドレスの文字を間違ってしまい、誰にも届かなかった場合ですね。

 

例えば、「123456@gmail.com」に送るはずが「23456@gmail.com」に送ってしまった場合。一文字違いのメールアドレスを持っている人はまずいないので、この場合は誰にも届きません。

 

 

 対処法

この場合、誰にも届いていないわけですから、後日Amazonから再送依頼のメールが送られてきます。

 

間違ったアドレスにギフト券を買ってから3日ほどで下のようなメールが送られてきます。

f:id:FULOG:20170920204814j:plain

こういうメールが送られてくるので、下の方のリンクから正しいリンクを再度設定することができます。

 

リンクをクリックすると下の画面に飛び、

f:id:FULOG:20170920204813j:plain

 ここで「別のEメールアドレスに再送信」に正しいアドレスを入力することで再度Amazonギフト券を送ることができます。

 

 

これで正しく、相手にAmazonギフト券を送ることができます。

スポンサーリンク


 

ただ、このAmazonからのメールはギフト券を送ってから3日ほどの時間が経つので、すぐに相手に贈りたい場合は、新しくギフト券を買って送ってしまえば大丈夫です。

 

すぐに相手に送りたい場合は新しく買って送ってしまったほうが良いですが、以前に間違って送ってしまったギフト券はまだあるわけです。この間違って送ってしまったギフト券は返金することができません。

 

このギフト券は自分のアカウントにチャージしてしまうのがおすすめです。

 

 

自分のアカウントにチャージするには、先程のこの画面で再送信先のアドレスに自分のアドレスを入力します。

f:id:FULOG:20170920204813j:plain



すると、Amazonからギフト券が送られてきます。

f:id:FULOG:20170920222445j:plain

 

 

 このギフト券を自分のアカウントに登録すれば完了です。

f:id:FULOG:20170920204815j:plain

まとめ

Amazonギフト券Eメールタイプはかなり便利ですが、「アドレスを間違えてしまった時」などの対処はわかりませんよね。

 

この記事が役に立ってくれたなら嬉しいです!