ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【2017年完全版】おすすめのKindle端末はどれ?Kindleを比較してみた!!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170205122947j:plain

『Kindle Unlimited』がスタートするなど、Kindle端末を買おうと考えている人は多いのではないでしょうか?

そこで、「どのKindle端末が良いのか?」完全比較してみようと思います!

 

Kindle本を読む方法

端末の紹介の前にKindle本を読む方法を解説。

  • PCで読む
  • スマホでよむ
  • タブレットで読む
  • Kindle端末でよむ。

 読む方法は大きく4つです。

 

 

 

スマホで読む

Kindleはスマホで読むことができます。Android/iOSの両方でアプリが用意されています。

ただ、スマホだと「目が疲れやすい」「バッテリーが減る」などといったことがありますので、Kindle本を沢山読みたいという人にはKindle端末をおすすめします。

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

 

 

 

Kindle Oasis

f:id:FULOG:20160818122602j:plain

超プレミアクラスならこの機種がオススメ。Amazonの電子書籍リーダーの最新モデルです。キャンペーン情報つきモデルで35,980円と高いですが、機能やスペック、重さや薄さなどは群を抜いてトップです。

Oasisの重さはたった130g。ちょうど歯磨き粉ぐらいの重さですね。(←わかりづらい笑)もっとも薄い部分は3.4mmとかなり薄いです。バッテリーも長持ちで、Amazonによれば、数ヶ月間は充電する必要がないとのこと。

Oasisには、Kindle初期モデルにあったような、物理ボタンでページめくりが出来るようになっています。アナログっぽく、不便に見えますが、これがすごく使いやすいんですよ。Oasisは人間工学に基づき、右利き、左利き問わず快適に使えるようにデザインされています。

 

ポイントは

  • めちゃくちゃ薄くて軽い!
  • バッテリーが長持ち(数ヶ月)
  • ページめくりボタン付き

 これからKindle本を沢山読みまくると言う方にはオススメです。少し高いですが、買ってみる価値はある逸品です。

 

Kindle Oasis 概要

Kindle Oasis概要
価格 ¥35,980
内蔵ライト LED 10個使用 明るさの均一性が向上
ページ送り タッチスクリーン・ページめくりボタン付き
解像度 300ppi
バッテリー 数か月
重量 Wi-Fi : 131g・Wi-Fi + 無料3G : 133g
サイズ 143 x 122 x 3.4-8.5mm
ディスプレイサイズ 6インチ

 

 

 Kindle Voyage

f:id:FULOG:20160818122618j:plain

Kindle Oasis よりひとつランク下の電子書籍リーダーです。Oasis発売前まではこの機種がトップでした。キャンペーン情報なし、3Gなしの一番安いもので、23,980円と安くない価格ですが、これでも安くなった方です。

Oasisの廉価版と考えるといいかもしれません。Oasisとの違いは、LEDが10個から6個に、バッテリーが数ヶ月から数週間になったぐらいで他には大きな違いはありません。

 

ポイントは

  • Oasisとほぼ変わらない機能!
  • ページめくりボタンがついてる
  • LEDライトもついてる!

Oasisに劣らない機能を搭載しているので、すこし予算を抑えたい人にはオススメです。ほぼ「最高品質」なので、ちょっと贅沢したいという方はどうぞ。

 

Kindle Voyage概要

Kindle Voyage概要
価格 ¥23,980
内蔵ライト LED 6個使用明るさの自動調整機能付き
ページ送り タッチスクリーン・ページめくりボタン付き
解像度 300ppi
バッテリー 数週間
重量 Wi-Fi : 180g・Wi-Fi + 無料3G : 188g
サイズ 162 x 115 x 7.6mm
ディスプレイサイズ 6インチ

スポンサーリンク

 

 Kindle Paperwhite

f:id:FULOG:20160818122654j:plain

「Kindle Voyage」よりも大幅に安くなり、キャンペーン情報あり3Gなしで税込み14,820円。「Kindle Voyage」よりも機能が若干劣りますが、解像度は変わりませんしそれほど読みづらさは感じません。目に優しいフロントライトを搭載しているので、明るさを調整してくれます。就寝前の読書にも最適ですね。

 

ポイントは

  • 目に優しい
  • 解像度が良い
  • 全然疲れない

個人的には一番オススメするモデルです。薄さ9.1mm、重さ205gはかなり軽いですよ。普通の紙の本よりも軽いですし、持ち運び、長時間の読書にも最適。

 

 

  Kindle Paperwhite概要

Kindle Paperwhite概要
価格 ¥14,280
内蔵ライト LED 4個使用
ページ送り タッチスクリーンのみ
解像度 300ppi
バッテリー 数週間
重量 Wi-Fi : 205g・Wi-Fi + 無料3G : 217g
サイズ 169 x 117 x 9.1mm
ディスプレイサイズ 6インチ

 

 

  Kindle

f:id:FULOG:20160818122643j:plain

初心者にオススメするのがこちら。価格も8,980円と安く買いやすい価格になっています。Kindleは2016年に新モデルに進化を遂げ、前世代よりも11%薄く、16%も軽くなりました。「Kindle Paperwhite」よりも少し小さい大きさで、「Kindle Oasis」の次に軽い重さになっています。フロントライトなどはありませんが、明るい場所での読書なら全く問題ありません。

 

ポイントは

  • とにかく安い!
  • 解像度は低め

解像度がやや低めですが、実用レベルだと思います。このモデルは「安さ」が一番の売りですから、お子さん用に、最初の一台目にオススメ。

 

 Kindl概要

Kindle 概要
価格 ¥8,980
内蔵ライト なし
ページ送り タッチスクリーンのみ
解像度 167ppi
バッテリー 数週間
重量 161g
サイズ 160 x 115 x 9.1mm
ディスプレイサイズ 6インチ

 

 

プライム会員で安く買えるぞ!

今回紹介した4つの端末を安く買う方法があります。

それは、Prime会員になって「Kindle」・「Kindle Paperwhite」を購入すると、4,000円分安く購入できます。また、プライム会員の年会費は3,900円。

100円お得です。

 

プライム会員になっている人も、これからなる人も、無料お試し期間の人もこのキャンペーンを受けることができます。

 

詳細はこちらで確認確認出来ます

 

Amazonプライム会員のメリットをまとめたので、こちらの記事を参考にしてください。

合わせて読みたい

Amazonプライム会員が凄すぎる!メリットを全てまとめてみた!

 

 

 まとめ

 Kindle本を読みたいという人にオススメの端末をまとめてきました。個人的には「Kindle」と「Kindle Paperwhite」がオススメです。

Kindleはスマホでも読めますが、専用の端末の方が圧倒的に読みやすいですし、楽しめます!

 

 

あなたにオススメの記事