読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【Kindleセール】超おすすめな芳文社マンガセールと将棋関連本セールが開催!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20161114193259j:plain

どうも、ふーです。

Kindleストアでオススメなセールが2つ開催されています。

1つは「芳文社のガールズ4コマコメディのポイント還元セール」。アニメ放送中の「ステラのまほう」や「けいおん!」など面白いコミックばかりが対象になっています。

 

もう1つは「将棋関連本が30%OFFセール」です。「聖の青春」が映画化された記念ということで、羽生善治の関連本などが対象になっています。

オススメの作品をまとめてピクアップしていきます!

 

 

 まずは「芳文社のセール」からご紹介。

 

ステラのまほう 

女子高生×同人ゲーム!! 高校生になった珠輝(たまき)が入ったのは、なんと同人ゲーム制作サークル!珠輝とちょっと癖のある部員たちが織り成す笑いアリ、修羅場(制作現場的な意味で)アリの青春ストーリー。同人ゲーム制作4コマの決定版です! 

 

 

ゆゆ式 

ゆずこ、縁(ゆかり)、唯の3人娘がゆるゆるまったり繰り広げるスクールライフ。特に何も起こらないけどなぜか毎日心地良い。そんなgdgd気分にちょっと身をまかせちゃったりしてみます? 

 

 

だいたいこんなンで? 

代替部は、学校の困り事を依頼があれば何でも代わりにやっちゃう部。そんな雑用係みたいな部のメンバーは、とっても自由で欲望に忠実。窮屈な日常にお疲れ気味なら、メンバーたちにただただ身をゆだねればよいのです。 

 

 

けいおん! 

メンバーは全員かわいい女の子!でもほぼ全員ボケ担当!全くの楽器初心者の唯が入部して、なんとか出発できた軽音楽部。とりあえず海合宿してみたり、あわてて顧問を探したり…。ゆるやか部活4コマいざ演奏開始です! 

 

 

 

続いて「将棋関連本セール」から

 

決断力 

決断するときは、たとえ危険でも単純で、簡単な方法を選ぶ。勝負の分かれ目にある集中力と決断力。勝負師はいかにして直感力を磨いているのか? 「決断とリスクはワンセットである」「欠点は裏返すと長所でもある」「直感の七割は正しい」「ミスには面白い法則がある」「情報は“選ぶ”より“いかに捨てるか”」など、数多くの勝負のドラマを実体験してきた天才棋士が「決断力」の極意を大公開! 「勝つ頭脳」は、こうして決断する。 

 

 

聖の青春 

重い腎臓病を抱えつつ将棋界に入門、名人を目指し最高峰リーグ「A級」で奮闘のさなか生涯を終えた天才棋士、村山聖。名人への夢に手をかけ、果たせず倒れた“怪童”の生涯を描く。第13回新潮学芸賞受賞。 

 

 

後手という生き方 ――「先手」にはない夢を実現する力  

将棋には先手と後手がある。しかし将棋は先手必勝ではない。同じように人生にも先手と後手がある。人生も先手の人が必ず勝利者になるわけではない。周りの人たちからは大きく遅れて35歳でプロ試験に挑んで、将棋界に風穴をあけたサラリーマン棋士の革命的プロ論。 

 

 

 

 まとめ

今回紹介した「芳文社のガールズ4コマコメディのポイント還元セール」と「将棋関連本が30%OFFセール」は24日まで。

11月の月替りセールも開催中なのでまだ、チェックしてない人はそちらも見てみることをオススメします。

 

 

あなたにオススメ記事