ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【50%OFF以上】新生活応援!読んでおきたいビジネス・実用書フェアが開催!オススメを紹介します!

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20170203210848j:plain

Kindleストアで 【50%OFF以上】新生活応援!読んでおきたいビジネス・実用書フェアが開催されています。どれも新生活にオススメな作品ばかり!

 

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」 

原始仏典に学び、宗派に属さず活動する僧侶の書いた、一風変わった仏教本がロングセラーになっている。 「著者いわく、原始仏典に書かれたブッダの考え方というのは、物事を合理的に理解し、考え、具体的な方法論で問題を解決するためのものなのだそうです。宗教で悩みを解決するというと、漠とした心の持ち方を説くと考えられがちですが、そうではない、と」(担当編集者の間[あいだ]孝博さん) 実際、「自分はいま◯◯している」と心の状態を言葉で確認することや、手のひらや足の裏の感覚を意識しながら体を動かすことで心を落ちつけるといった、物事に無駄に反応しないための方法が盛り込まれている。 「反応しない」という言葉への共感もヒットの一因か。 「この本はネットメディアとの親和性が高いんです。ネットメディアに草薙さんの文章やインタビューが掲載されると、大きな反響が起こって、本の売上も伸びる。そういうサイトをチェックする人というのは、おそらくネットに接する時間の長い、情報に反応し続けている人が多い。その中には、今の状態をまずいと感じている人も多く、そこに響くのかな、と。この本は電子書籍のダウンロード数も3万を超えていて、それもITに関わりの深い読者に響いている証拠ではないかと思います」 

 

 

1日ひとつだけ、強くなる。 

「目標は低いほどいい」「勝負に感情はいらない」「技術より“視点”が大事」……17才で世界一、日本初のプロ・ゲーマーになった梅原大吾。誰より正しい努力を続ける34歳が語る、結果を出し続けるための考え方。 

 

 

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由 

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。母、主治医、友人・又吉直樹氏のインタビューも収録。誰もが輝けるヒントがみつかる!  

 

 

だからオタクはやめられない。 

ツイッター累計5500万PV超! 「pixivとニコ生とツイッター巡回で休日が終了」「平日に徹夜でマンガ全巻読破」webで大共感を呼ぶアラサー女子の社会人オタライフが描きおろしを加えて待望の書籍化! 

 

 

 仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事を速くするスキルは、他人から「見えにくい」「注意されにくい」ため、改善しないまま歳を重ねてしまう人も多い。では、仕事が速い人は、見えないところで何をやっているのか? その秘密を現役外資系社員が公開! 

 

 

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない 

なぜ「部下の相談」に乗ってはいけない?――60歳でライフネット生命保険を起業・成功させた著者が、部下マネジメント論を展開!“任せたいのに、任せられない”と嘆く人への特効薬。あなたの仕事をラクにする本。 

 

 

決断力 

決断するときは、たとえ危険でも単純で、簡単な方法を選ぶ。勝負の分かれ目にある集中力と決断力。勝負師はいかにして直感力を磨いているのか? 「決断とリスクはワンセットである」「欠点は裏返すと長所でもある」「直感の七割は正しい」「ミスには面白い法則がある」「情報は“選ぶ”より“いかに捨てるか”」など、数多くの勝負のドラマを実体験してきた天才棋士が「決断力」の極意を大公開! 「勝つ頭脳」は、こうして決断する。 

 

 

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい 

38億円赤字からの「V字回復」を実現した経営者が語る、シンプルな仕事哲学。あらゆる会社・チームをよみがえらせる「仕事の仕組み」とは?「決まったことを、決まった通り、キチンとやる」だけで生産性は3倍に! 

 

 

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った

『二重らせん』『とんび』『山賊ダイアリー』。獄中で読んだ千冊からオススメ本をセレクト。そこから話は「ビジネス」「生活」「日本の未来」にまで広がり…「堀江貴文の頭の中」がわかる本! 成毛眞プロデュース 

 

 

 

 まとめ

対象になっているのは4000冊以上!

期間は2月9日までなので忘れずに!