ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

Anker、Alexa対応スピーカー『Eufy Genie』を発売、5000円未満のエントリーモデル、AmazonEchoとの違いは何?

スポンサーリンク

 

f:id:FULOG:20171221175442j:plain

アンカーJapanが2017年12月21日、Alexaに対応しているスマートスピーカーの『Eufy Genie』を招待制で発売を開始しました。価格は4980円となっています。

さっそく、特徴や「Amazon Echo」との違いをまとめていきます。

スポンサーリンク

 

 

5,000円未満のエントリーモデル

今回Ankerが発表したのは「Amazon Alexa」に対応スマートスピーカーのエントリーモデルです。Ankerの「eufy」というスマートホームのエントリーブランドから発売。

 

価格は4980円(税込み)で「Echo Dot」よりも安く設定されています。

 

『Eufy Genie』の特徴

  • Echoシリーズで出来るほとんどのことができる
  • 2W出力のスピーカー搭載
  • 価格が安い

簡単に特徴をまとめてみました。

 

ほとんどAmazon Echoシリーズでも出来ることですが、どう違うのか気になりますよね。

 

 

Amazon Echoと違う点は?

 では、Amazon EchoシリーズとEufy Genieの違いは何なのか?

海外ではすでに発売されていますので、外国のレビューを参考にまとめていきます。

 

Apple Musicの再生が出来る

Amazon Echoでは「Amazon Music」しか再生出来ませんが、Eufy GenieではAie Playを利用することでApple Musicの再生も可能。

 

Apple Musicを契約している人や、家族にApple Musicを契約している人でもスマートスピーカーで音楽を聴くことができるようになっています。

 

 

スピーカーは大音量だが低音が微妙

アメリカなど海外ではすでに発売されているので、海外のレビュー記事を読んでみたところ、「大音量だが低音が不十分」とのレビューが複数ありました。

 

音は大きいようですが、低音が不十分でちょっと安い音に感じてしまうというとのこと。音質に関してはAmazon Echoシリーズの方が良いようです。

 

 

Bluetooth機器とのペアリングが出来ない

Amazon EchoシリーズはBluetoothペアリングで外部スピーカーから音を出したりできますが、「Eufy Genie」ではそれが出来ません。

 

スピーカーは有線でのみ接続可能で、それ以外のスマート家電はWi-Fiを通じてしか接続できません。

 

 

品質を求めなければオススメ!

海外のレビュー動画や記事を読んでわかったのは

Amazon Echoシリーズより質は劣るけど、ちょっと試したい人にはオススメ!   

ということです。

 

やはり品質に関してはAmazon Echoシリーズを絶賛するレビューが多く、本当にエントリーモデルとして発売されるようですね。

 

気になった方は下からどうぞ!

 

ちなみに、Amazon Echoシリーズの「Echo Dot」のてビューは下の記事でまとめています!Amazon Echoについて知りたい方はこちらをどうぞ!