ふーログ

大学生ブロガーが、ガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

アフィリエイト用口座はどこが良いの?メガバンクと楽天銀行を比較、みずほ銀行の特徴を解説するよ!

スポンサーリンク

 

f:id:FULOG:20180108172326j:plain

どうも、ブロガーのふーです。

先日参加した東北ブロガー会で「アフィリエイト用の口座はあったほうがいいよ」というお話を聞いたので、口座を作ってきました。

 

ブログやアフィリエイトをしている方は収益を口座で受け取ったことがあることがあると思います。これまではプライベート用の口座で受け取っていましたが、管理が大変だったので来年からは別の口座にしようと思いました。

 

今回は「アフィリエイト用の口座の必要性」と「実際にどこの銀行がオススメなのか?」をまとめます!

 

 

口座をアフィリエイト用に分けるメリット

まずはプライベート用の口座とアフィリエイト用の口座を分けなければならない理由です。

 

口座を分けるメリットを挙げると

  • 口座の管理が楽
  • 確定申告が楽
  • 収支の管理が楽

と大きく3つのメリットがあります。

 

やはり「確定申告が楽」が一番のメリット。freeeなどの会計ソフトと連携すれば簡単に確定申告が出来てしまいますし、年末に慌てて帳簿をつけることもありません。

 

 

 

副業は口座を分けていないと疑われる

本業があり副業でアフィリエイトやブログをしている方は確定申告の際に口座が一緒になっていると疑われることがあるそうです。

 

税務署側もチェックが大変なので、脱税しようとしているんじゃないかと思われてしまうことも、、、

 

 

 

どこの銀行がオススメ?

ではどこの銀行でアフィリエイト用の口座を作ったら良いのでしょう?

 

今回私が検討した口座をまとめて紹介します!

 

前提条件

まず条件として

1.全国どこでも使える銀行

私は来年から社会人として働きますが、勤務先がどこになるかわからないので全国で使えることが必須条件です。

 

もう遠くへ引っ越す予定が無い方は、今持っている口座と同じ銀行の口座を新しく作るのがオススメ。違う銀行にしてしまうと、管理が面倒になります。

 

 

2.手数料が無料

たまに生活費として引き出すことがあるかもしれないので、手数料は無料の方がいいですよね。

 

アフィリエイトの収益で生活をしている人は別ですが、本業があり副業でアフィリエイトをしている人は頻繁にお金を下ろすことも無いのでそこまで重要ではありません。

 

3.クレジットカードも作れる

アフィリエイト用のクレジットカードを作って、それで必要経費を払いたいのでクレジットカードも同時に作れる方がいいと思いました。


4.できればメガバンク

お金に関することなので困った時に相談ができる店舗がある銀行がいいですよね。

 

この4つを条件に設定しました。

 

 

 

楽天銀行(旧イーバンク)

ネットで調べると一番最初に「楽天銀行がオススメ!」という記事ばかり出てきます。

 

メリットをまとめると

  • コンビニATMで24時間365日利用可能
  • ATM手数料は月7回まで無料
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • 月5000円以上の楽天アフィリエイトの収益があれば、楽天銀行で受け取れる

ということ。

 

しかしインターネット銀行なので店舗がありません。

 

しかも私は楽天カードを持ってプライベート用で使っているので楽天銀行と合わせてアフィリエイト用にするのは難しそう、、、、

 

新しい楽天カードを作るのもめんどくさい、、、、ということで断念。

 

しかし、「楽天カードを持っていなくてネット銀行でも良い!」という方には一番オススメな銀行です。ポイントがめちゃくちゃたまりますし、スマホから残高の確認もできます。

 

 

 

楽天銀行を調べたところで「ネット銀行には店舗がないこと」がわかり、ここでネット銀行は候補から除外されます。

 

となると残るのはメガバンク。

 

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3つを比較してみましょう。

 

 

と、その前に、、、

 

 

メガバンクは対して差がない

色々調べて分かったのですが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行はさほど大きな差がないことがわかりました。

 

クレジットカードも作れるし、手数料もほとんど変わりません。

違うのは「店舗がない地域があるということ」

 

 

三菱東京UFJ銀行が無い地域

三菱東京UFJ銀行がない地域は公式サイトでチェック出来ます。

 

店舗が無いのは下のグレーの地域。

f:id:FULOG:20171217040648p:plain

これはちょと意外です。

青森とか秋田とか無いんですね。

 

 

 

三井住友銀行が無い地域

これはHPで調べるとちょっとわからなかったので電話して聞いたところ、

青森、岩手、秋田、山形、福島、滋賀、三重、鳥取、島根、徳島、高知、長崎、宮崎、沖縄

には窓口がなく、近隣県の窓口まで行かなければなりません。

 

そして、上の県のうち滋賀だけに無人の出張所のATMがあり、それ以外の県ではATMもなく記帳が出来ないとのことでした。

 

 

 

みずほ銀行

宝くじの販売・発行などを国から委託されているみずほ銀行は、全国展開している銀行です。

 

北海道から沖縄まで、全国どこに行っても窓口があり困った時に近隣県まで数時間かけて行くこともありません。

 

と言うことで、みずほ銀行で口座を作ることに決定!

 

 

口座を作る時に必要なもの

銀行で口座を作る時に必要なものは

  • 身分証明書(免許証、パスポートなど)
  • 印鑑(朱肉使う方、シャチハタはだめ)
  • 最初に口座に入れるお金(1円〜)

 この3つ。

 

 

みずほ銀行でクレジットカードを契約

口座を作り、クレジットカードも契約しました。

 

ANAマイルが貯まるタイプ、Suica機能がついたタイプ、普通のクレジットカードタイプ、キャッシュカードと分離したタイプがありました。

 f:id:FULOG:20171218101342j:plain

私はANAをそんなに利用しませんし、Suicaはもうあるので、一般のクレジットカードを選びました。これをドメイン代などを払うアフィリエイトやブログ用のクレジットカードにします。

 

どれも年会費は無料ですし、自分に合ったものを申し込むことをオススメします。

 

 

「みずほマイレージクラブ」とは?

「みずほマイレージクラブ」という年会費・入会費無料のサービスに入会するとATM手数料が何回でも無料になったりするお得なサービスです。

 

「みずほマイレージクラブ」の特典

  • みずほ銀行・イオン銀行のATM手数料が24時間無料(何回でも)
  • イーネット・ローソン・セブン銀行のATM手数料が月4回まで無料(24時間)
  • みずほ銀行ATM・イオン銀行・みずほダイレクト利用時のみずほ銀行本店宛の振込手数料が無料
  • 新規・切替・再発行時のカード再発行手数料が無料

 

 

「みずほマイレージクラブ」の条件はこちら

上に書いた特典はただ入会しているだけじゃ受けられません。一定の条件をクリアしないといけません。

 

条件1

まず、「みずほダイレクト、インターネットバンキング/モバイルバンキング」か「かんたん残高照会」の初回登録をしなければなりません。

 

これは必須で、みずほダイレクト、インターネットバンキング/モバイルバンキング」か「かんたん残高照会」の初回登録をしないと、どんなに口座にお金があっても条件を満たしたことにはなりません。

 

これはスマホはパソコンから口座の取引内容や残高を確認出来るようにするもので、登録しておけば便利なものなので、登録しておくことをオススメします。

 

 

され、上の条件をクリアしたのち下の条件のうちどれか一つをクリアすればOKです。

 

 

条件2

 

その1 クレジットカードの利用

月に1回でもクレジットカードを利用すればOKです。ただ、利用していない月でも過去半年で10万以上のクレジットカードの利用があればOKになります。

 

その2 給与の受取口座にする

通帳で「給与」や「賞与」と書かれているものが対象となり、お給料を受け取る口座にすればOK。

 

その3 25歳未満の学生

25歳未満の学生(大学院、大学、短大、高校、高専生)であれば条件を満たすことができます。別に登録が必要なので、学生の方はチェックしましょう。

 

その4 引き落とし口座をみずほ銀行に指定してある、オリコカードの利用(月3千円以上)

オリコカードの引き落とし口座をみずほ銀行に指定し、月3,000円以上利用すればOK。

 

その5 みずほ銀行・みずほ証券のNISA口座を持っていること

みずほ銀行か、みずほ証券のNISA口座を持って入ればOK

 

その6 みずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券のみずほ証券の資産運用商品・金銭信託・外貨預金・の月末最終残高があること

 

その7 みずほ銀行の借り入れ(住宅ローンなど)の月末最終残高があること

 

その8 みずほ銀行・みずほ信託銀行の各種預金の月末の最終合計残高およびみずほ銀行・みずほ信託銀行のMMF・MRFなどの月末の最終合計残高が30万円以上あること

 

 

たくさんありますが、

みずほダイレクト、インターネットバンキング/モバイルバンキング」か「かんたん残高照会」の初回登録

その1〜その8までの内の一つをクリアしていればOK!

 

つまり、給料の受取口座にしていたり、クレジットカードで月一回なにか買い物をすればOK!

 

 

まとめ

今回は「店舗が全国どこにでもある銀行が良い」ということでみずほ銀行を選びました。

 

これからアフィリエイト用の口座を作ろうと考えている方の参考になれば嬉しいです!

- 人気記事だよ! -