ふーログ

大学生ブロガーがガジェットやアニメ、気になったニュースをまったりと書き留めていく。

【Apple】「2018年iPhoneは2,900mAh以上に」、iPhone Ⅹの後継機は3,400mAh

スポンサーリンク

f:id:FULOG:20171217171704j:plain

2018年に発売するiPhoneは全モデルでバッテリーの容量が増える可能性があるとの情報が入ってきました。

 

 

バッテリーが2,900mAh以上になる

今回報じているのはKGI証券のMing-Chi Kuo氏。

2017年発売のiPhone Ⅹに採用されたTrueDepthカメラによるバッテリーの消耗をカバーするためという。

 

そしてバッテリーはL字型のバッテリーとなりiPhone Ⅹと同じになるとのこと。

 

iPhone Ⅹのバッテリー容量は2,716mAhでiPhone Ⅹの後継機として登場したモデルが、サイズを買えずに2,900mAh以上のバッテリー容量になるとのことです。

 

これは約10%の増加となり、それなりの増加になります。

 

ちなみに、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載するとされている「iPhone Ⅹ Plus」は3,000〜3,400mAhとなり、ボディの大きさに比例してバッテリー容量も多くなる予想。

 

 

iPhoneのバッテリー持ちは改善されるのか?

iPhone 7の時だが、当時の最新Android端末に比べると圧倒的にバッテリー持ちが悪いという実験結果が発表され話題になりました。

 

 

現在のiPhone Ⅹではどう改善されているのかが気になりますが、Android端末はバッテリー容量が多く、元から電池持ちがいいとされています。

 

2018年のiPhoneのバッテリーの増加は2,900mAh程度とされていますが、HTC u11で3,000mAhとなっています。

 

Android端末に勝つのは相当な技術が必要そうです。

(Source:Mac Rumors